韓国基本情報
■韓国紹介 > 韓国基本情報
韓国の基本情報をお伝えします。


地理及び自然環境
 韓半島はアジア大陸の北東部の端にある、南北全長1000キロメートルの半島です。韓国はこの韓半島に位置しており、大韓海峡は太平洋の最西端部へつながります。北はロシア、中国と国境を接しており、東は東海を挟んで日本列島が横たわっています。半島の本土のほかに、海岸に沿って大小3,200もの島々が点在しています。国土の面積は22万2154平方キロメートルで、イギリスやルーマニアとほぼ同じ大きさです。

全国土の70%を占める山地は、形成されてから大きな地殻変動もなく長い間浸食を受け、比較的低く傾斜も緩やかであります。西南部地域は比較的低い山地からなっている一方、東側は高い山地が連なっていることが、私たちの生活に影響を与え、東西間の地域差、文化の違い、気候の違いを生みました。また、多くの交通路も東西方向よりは南北方向に発達しました。

韓半島は金襴の刺繍を施したように美しい山河があるという意味を持つ「錦繍江山」と言われるほど、景色の良いところがたくさんあります。北韓で最も高い海抜2744メートルの白頭山が中国との国境沿いに高くそびえています。休火山であるこの山の頂上には、「天池」と呼ばれる静かで美しい噴火口があります。この山の名前が国歌の歌詞に出てくるほど、白頭山は韓民族にとって民族魂を表す重要なシンボルとなっています。韓国は国土の大きさに比べ、かなり多くの河川が流れています。この河川は国の産業や生活様式を形づくる上で決定的な影響力を及ぼしました。

資料提供: Korea Land Portal

北韓には鴨緑江(790キロメートル)と豆満江(521キロメートル)という韓半島で最も大きな川が流れています。いずれも白頭山に源を発してそれぞれ東西に流れ、韓半島の北部の国境を形成しています。

韓半島の南部には洛東江(525キロメートル)と漢江(514キロメートル)が流れています。漢江は韓国の首都ソウルを貫通して流れていますが、かつて川に沿って発達した古代都市の住民の生活水であったように、現代においても人口密度の高い中部地方の生命水となっています。韓半島の三面は海に囲まれているために造船技術や航海術等が早くから発達する等、このような地理的環境は古代から韓国人の生活や 文化に大きな影響を及ぼしてきました。




韓国の地理情報を詳しく見る⇒
❐ 国土地理情報院(英語): http://www.ngii.go.kr/en/main/main.do?rbsIdx=1
❐ 国土ポータルサイト(韓国語): http://www.land.go.kr
❐ 外交部 独島ページ(日本語): http://dokdo.mofa.go.kr/jp/